観葉植物、鉢花、切り花の花情報、卸売り ひめじせいか(姫路生花卸売市場)

ひめじせいか(姫路生花卸売市場

079-253-9600

受付時間:9:00〜17:00(日・木除く)

News

株式会社 河野メリクロン様をご紹介します。

 

鳴門金時などで有名な徳島県美馬市にて

生産者向けにシンビジウムの育種、苗生産、販売を行っている世界有数の会社です。

 

 

21   22   23

 

昭和40年に現社長の河野様が洋蘭栽培に着手され、昭和60年には500㏄フラスコで当時年間30万本の

生産体制を確立しシンビジウム種苗業界で世界最大規模になりました。

 

翌年には、河野メリクロンの代表品種の一つである【あんみつ姫】を発表しました。

後に、一般見学者を対象としたショールーム、直売施設の【あんみつ館】をオープンしています。

※シンビジウム以外の洋蘭全般も展示、販売されています。

 

 

31   32   33

 

 

シンビジウムは、年末から春先までよく見かけますが、夏の間の状態はあまり見かけたことが無いと思いますので、

少しご紹介させていただきます。

皆さんが目にするシンビジウムは最低でも苗の状態から3年以上育てられた状態です。

 

 

41   42   43

 

 

写真は3年目の株で赤〇のところは花芽も確認できます。

※河野メリクロンでは、6月中旬から10月中旬まで、徳島県内の中尾山にシンビジウムの山あげを行っています。

 

❖山あげってなんだろう・・?

中尾山の標高1,000メートルの地点に栽培管理を行うハウスがあります。

夏時期に夜間温度を下げて、シンビジウムの花を年内に開花出荷できるように管理を行っています。

また、夏の暑さから花芽を守ってあげることもできます。

シンビジウムの生産者にとって、シンビジウムの山あげ、山おろしは大変な重労働です。

年末に向けて1鉢でも多く美しいシンビジウムを皆様にお届けできるように管理しています。