On a special day the present of the flower

  • 1月31日

    愛妻の日・妻に花を贈る日

    妻というもっとも身近な赤の他人を大切にする人が増えると、世界はもう少し豊かで平和になるかもしれない。
    1月31日は、男は家に帰って妻にありがとうと言ってみよう。
    感謝の気持ちを花に添えて贈る。
    日本独自の伝統文化かもしれない“愛妻家”というライフスタイルを世界に広めていこうと日本愛妻家協会が行う活動です。

  • 2月14日

    フラワーバレンタイン・世界でいちばん花を贈る日・男性から女性に花を贈る日

    日本におけるバレンタインデーは、「女性から男性へチョコレートで愛を伝える日」とされ久しいですが、世界におけるバレンタインデーは、男女がお互いに愛や感謝の気持ちを伝えあう日なのです。
    世界的に、男性から女性に花(主に赤いバラ)を贈ることが最もポピュラーな習慣です。
    2月14日のバレンタインデーをきっかけに、男性がもっと女性に花を贈るようになり、たくさんの笑顔が生まれれば、日本はもっとLOVEと花に満ちあふれた心温かな国になる。そのような想いから「フラワーバレンタイン男性から女性に花を贈る2月14日」の普及活動が2011年よりはじまりました。
    男性の花贈りを応援しています。
    (花の国日本協議会)

  • 3月14日

    ホワイトデー・男性から女性に花を贈る日

    ホワイトデーは、一般的にバレンタインデーにチョコレートなどをもらった男性がそのお返しとしてお菓子やお花などのプレゼントを女性へ贈る日。
    この習慣は日本のオリジナルで、楽しい行事のひとつとして定着しました。(欧米にはこういった習慣はありません)
    ホワイトデーのはじまりには諸説ありますが、全国飴菓子工業協同組合が1980年からホワイトデーをスタートしたそうです。
    3月14日に定めた理由は、バレンタインデーの歴史でもある269年2月14日兵士の自由結婚禁止政策に背いて結婚しようとした男女を救うためにウァレンティヌス司祭は殉教したが、その1カ月後の3月14日、その2人が改めて永遠の愛を誓い合ったと言われていることに由来しているそうです。
    (ウィキペディア)

  • 9月9日

    重陽の節句・家庭でマムを飾る日

    9月9日は、五節句のひとつ「重陽の節句」です。菊を用いて不老長寿を願うことから別名「菊の節句」とも言われています。
    菊は古来より薬草として用いられ、延寿の力があるとされてきました。中でも一番大きな陽数が重なる9月9日を、陽が重なると書いて「重陽の節句」と決め、不老長寿や繁栄を願い「菊酒」「菊湯」などを楽しむ行事として親しまれています。
    9月9日は菊の花を楽しみましょう。

  • 11月22日

    いい夫婦の日・パートナーに花を贈る日

    「いい夫婦の日」は、「ふたりの時間」を大切にする日です。
    「いい夫婦の日」をすすめる会では、日本中のご夫婦にいっそう素敵な関係を築いていただきたいという想いから、11月22日を「いい夫婦の日」といたしました。
    普段パートナーに伝えられない想いを伝え、、気持ちをカタチにして贈る機会としてください。
    ご夫婦にとって素敵な一日になるように。